公正証書遺言と自筆証書遺言の違い

遺言書には、公正証書遺言と自筆証書遺言があります。

自筆証書遺言は、遺言者が自ら全文を書く必要があります。しかも、要件を満たさなくてはなりません。満たしていなければ無効です。また、遺言者が死亡した後、相続人等が家庭裁判所に検認の手続きをしなければなりません。

それに比べて、公正証書書遺言は公証人が作成してくれますので、無効になることはありません。安心です。また、家庭裁判所に検認の手続きが不要ですので、相続人等も手続きが簡便です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
遺言・相続・贈与 お気軽にご相談ください。
みずの司法書士事務所
名古屋市北区楠味鋺5丁目1503番地
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA