住宅用家屋証明書

昨日、住宅用家屋証明書を取得しました。要件は下記のとおりです。一見要件に合致していないような単身赴任や区分建物の一体利用でも実態が伴っていれば取得することができます。

(1)自分自身が居住するための家屋であること

(2)床面積(区分所有家屋については専有床面積)が50平方メートル以上であること

(3)併用住宅の場合は、居住部分の割合が90%以上であること

(4)区分所有家屋については、建築基準法上の耐火または準耐火建築物であること

(5)新築(取得)後、1年以内に登記を受ける家屋であること

(6)建築後年数が20年以内(登記簿に記録された家屋の構造が石造、れんが造、コンクリートブロック造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造の場合は25年以内)のものであること、または、地震に対する安全性に係る一定の基準に適合すること(この場合、建築後の経過年数の制限はありません。)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
遺言・相続・贈与 お気軽にご相談ください。
みずの司法書士事務所
名古屋市北区楠味鋺5丁目1503番地
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA